海外を目指す医学部進学|学ぶ方法は色々ある|整体師になるには知識と技術を磨くのが大事

学ぶ方法は色々ある|整体師になるには知識と技術を磨くのが大事

勉強道具

海外を目指す医学部進学

婦人

海外勤務で豊富な経験を

医療系大学は少子高齢化を中心とした社会情勢を背景に入学者が増えていますが、近年では国内だけでなく海外での医療職への従事を目指す学生も少なくありません。その背景には、グローバル化によって国際的な感覚を持つことが医療職にも求められるようになったことが挙げられます。来日する外国人観光客や日本に移住した外国人が増えている昨今では、医療現場でも必然的に外国人のケアを行う機会が増加します。そのため、海外の文化や言語に精通したうえで患者に接する必要が生まれ、特に総合大学では1、2年次に教養の講義を幅広く取れることから、医療系学部を持つ総合大が注目を集めています。また、海外で医療職に従事したことは豊富な経験をもとに多様な患者に対する柔軟な対応力を持つと見なされるため、就職やキャリアアップにおいても有利になるというメリットも重視されています。

文化に関する学習の必要性

海外勤務を目指して医療系大学に進学する際の注意点として、進学前後においてしっかりと語学力を高めておくことが挙げられます。複数の国の看護師や医師が携わっていることが多い海外の医療チームにおいてはスタッフ間でのコミュニケーションは英語がメインになるので、大学受験に必要な英語の試験対策はしっかりと行いましょう。一方、実際に海外に赴任した際には必ずしもそこが英語圏とは限らないため、希望する国や地域について事前に知識を深め、大学入学後は語学の講義を重視した時間割を組みましょう。また、最近ではマイナーな言語においても多くの参考書や問題集が販売されているので、書籍やCDなどの教材を利用して自習を進めることにも注意しましょう。